資格修得
ネイルアート

常になりたい職業のランキングの上位に上がっているネイリストですが、就職するさいに資格を持っていると、とても有効です。
では、ネイリストの資格とはどういったものがあるのでしょうか。
ネイルの発展と技術向上のために発行している団体がいくつかあります。
内閣総理大臣認定の、公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターの資格が広く知られています。
資格は1級から3級に分かれており、一番難しいのが1級です。
3級と2級は年に4回、1級は年に2回行われておあり、受験形態は実技と筆記です。
もう一つは、NPO法人日本ネイリスト協会が行っている、ジェルネイルに必要な理論と技術の取得を目的としたもので、JNAジェルネイル技能検定試験といわれるものです。
初級、中級、上級と分れています。
その他にネイルサロン衛生管理士などの資格があります。
ネイルスクールでは、これらの試験のためのコースが多数用意されており、通学で学ぶ場合と、通信で学ぶ場合があります。
多くのネイリストは、学校で学び資格取得後サロンで働く場合や、働きながら資格を取る場合などがあります。
独立して店を開く場合も多く、資格はその場合にもとても有効です。
子育てをしながら、自宅で開業するネイリストも多く、ネイリストは主婦に人気の職業の1つです。
ネイルスクールでは経験豊富な講師陣からの技術指導や、開業の際のアドバイスなども行っている学校も多く、目標をもって取り組めることが出来ます。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031